ShufLar(シャフラー)-高速で絵が切りかわるシャッフルゲームアプリ

よく映画やビデオを見る際に早送りや巻き戻しをした時にコマ送りとなって画像が表示される。

そのコマ送りの画像を人は認識して再生に戻すわけだが、この早送り、巻き戻しが早くなり枚数の間隔も短くなるとどうだろうか?チャレンジしてみたいと思わないだろうか?

 

そんな自分どこまで高速で切り替わる画像達を記憶力等が試されるシャッフルゲームアプリがShufLar。

アイスのイラストやキャラクターの可愛らしい独特の世界観、あるようでなかったシンプルかつ斬新なゲームShufLar(シャフラー)の世界を探っていこう。

ShufLar シャフラー
ShufLar シャフラー
開発元:nao watanabe
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク

3種のゲームモードからシャフラーをチャレンジ!!

シャフラーではおかしこうじょう、シャッフラーアタック、フェアリーウィンドの三つのゲームモードが用意されていて、三つもゲームモードがあるので中々飽きの来ない作りとなっている。

 

おかしこうじょうでは、工場内に虫が出て来てしまいおかしに影響が起きるかもしれない?!

そんなおかしこうじょうで画像が変わる中、虫が何匹いるか?を確かめていくゲームモードとなる。

変わっていく画像を見終わると虫が何匹いたか?を殺虫剤の個数で退治する事となる。

個数は多くもダメ、少なくもダメでピッタリ虫の数に合わせて殺虫剤を選択する必要があるので、自分の確かめた目と記憶力が頼りとなる。

 

虫の数を把握して無事殺虫スプレーで虫を退治しよう。ルールはシンプルながらハマってしまう魅力があるぞ。

一回の虫を無事に退治していくごとにレベルが上がり、次の虫の数や画像の枚数、スピードなどが上昇する事となる。

自分がどこまでレベルを上げられるか?チャレンジしてみよう。

 

チュートリアルも含めたこうじょう長の会話も世界観を盛り上げてくれるので注目したい。(各ゲームモードに収録)

そしてお次はシャッフラーアタック。

ルールは一枚の指定された画像が左上、右上、左下、右下、中央の画像セットのどこにあるか?を表示されていく画像の中から探しだすゲームモードとなっている。

 

おかしこうじょうと違い、数ではなくどこにいるか?を当てるゲームモードなので記憶力の良い方ならこちらのゲームモードの方が簡単に進められるかも?!

1.2.3.4のセットに順番に画像が表示される。表示される画像自体は大きいので見落とす事は少ないと思われる。

 

しかしクリアしていくごとにレベルがあがり、セットの扉の枚数や秒間に何枚表示されるか?が上昇していき難しくなるぞ。

指定された画像の特徴を見抜き、あなたは同じ画像を見つける事ができるか?

 

また画像の表示中にタップすると表示が中止されてしまうので、早めに見つけたらタップして答えられる反面途中で中止となり見れなくなるので注意が必要だ。

最後にフェアリーウィンド。

9枚の切り替わり続ける画像の中から同じ画像を見つけ出し、画像右下の数字が無くなるまでに指定されたコイン枚数を獲得する事ができるか?をチャレンジするゲームモードとなる。

 

ルールとしてはいわゆる神経衰弱の様なものなのでとっつきやすく、画像の種類が豊富なので面白い。

しかしルールは神経衰弱と言ったものの同じ画像が同じ場所に一枚だけ存在するわけではなく、場合によってはタップした画像の枠と同じ画像があると思った枠の中に同じ画像が3枚も出てくる、なんてこともあるので爽快感もさることながらかなりの量の画像があるので記憶力がポイントとなってくる。

 

また各三種のゲームモードではコインを倍額かける代わりに正解の際に倍コインを獲得するオプションもあるので、記憶力に自信のある方はチャレンジしてみても良いだろう。

数字が無くなる前に同じ画像を見つけまくり、指定されたコインまで獲得していこう。

間違えても数字が減ってしまうので要注意だ!!

三つのゲームモードにゲームオーバーはある。そこでどこまでのレベルにチャレンジ出来たのかをツイッターを通じてシェアする事が出来る。

 

友達とレベルを競うのも面白いし、通勤通学のちょっとした時間、ちょっとした脳トレ?!、変わったジャンルのゲームアプリをプレイしたい方、世界観、イラストも男女問わず子供でも楽しめる様なデザインとなっているのでシャフラーはおススメのゲームアプリとなっている。

ShufLar シャフラー
ShufLar シャフラー
開発元:nao watanabe
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク