【ポケ森攻略】リーフチケットの入手方法と使い道は?

スマホ向けゲームアプリ、どうぶつの森ポケットキャンプの課金要素であるアイテム、リーフチケット。

 

意外とどこで使えばいいのか?リーフチケットを課金せずどうやって手に入れればいいのか?リーフチケットの使い方と入手方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

課金して入手する

課金要素でもあるので一番手っ取り早く手に入れる方法は課金してリーフチケットを購入する事です。

 

配信を記念としたサービスリーフチケットパックもあるので仮に購入する場合はパックサービス系のリーフチケットを購入した方が多くリーフチケットを入手する事となります。

リーフチケット金額表

  • 20枚=120円
  • 45枚=240円
  • 100枚=480円
  • 200枚=960円
  • 600枚=2500円
  • 1200枚=4800円

しずえチャレンジをクリアする

限定チャレンジではなく、しずえチャレンジの中に報酬としてリーフチケットを獲得するチャレンジが含まれています。

 

そのチャレンジをクリアすることでリーフチケットを入手する方法です。

注意したのは限定チャレンジは毎日リフレッシュタイム毎に新しい限定チャレンジが用意されるのに対し、しずえチャレンジは一度クリアすると戻る事はないので入手できるリーフチケットが限られています。

なのでしずえチャレンジで手に入れるリーフチケットはむやみやたら使用する事は控えましょう。(今後のアップデートでしずえチャレンジが増える可能性あり

キャンパーレベルをあげる

動物達のお願いを聞く事でキャンパーレベルの経験値を増やしていくとレベルが上がるキャンパーレベル。

 

このキャンパーレベルを上げる事で報酬としてベルとリーフチケットがセットで入手する事が出来ます。

 

キャンパーレベルはどこまで上げる事が出来るかわかりませんが、ほぼ進行と同時にリーフチケットが手に入るので、キャンパーレベルを上げるのが一番簡単にリーフチケットを入手する方法かもしれません。

毎日プレゼントで入手する

日本時間午後3時になるとどうぶつの森ポケットキャンプでは一日経ったとしてリフレッシュタイムがアナウンスされます。

 

リフレッシュタイム後にログインするとログインボーナスが手に入れる事が出来るのですが、その中にリーフチケットもプレゼントとして入っています。

 

ただただ毎日ログインするだけで少しずつリーフチケットが手に入るので欠かさずログインしましょう。

とあみやみつに使用する

しおかぜビーチやナミナミ川、ポッカリ島といった虫網、釣竿が使えるマップにてとあみやみつをリーフチケットを使用して使う事が出来ます。

 

ミツ=15枚、とあみ=15枚で使えるので一気にサカナや虫を入手する時に使用する事でレアなサカナや虫も手に入る場合があります。

ゴロゴロ鉱山の入山

一攫千金が狙えるマップ、ゴロゴロ鉱山。

このゴロゴロ鉱山に入るにはフレンド5人に手伝ってもらうかリーフチケット20枚消費して入山する事が出来ます。

 

フレンドの手伝い要請を承認されない場合にリーフチケットを使用して入山しましょう。

持てる素材数を増やす

リンゴや魚、虫といったアイテムの持ち物欄には上限があり、上限が来ると次に手に入ったサカナや虫などは持ち物に入らなくなります。

 

そこでリーフチケット20枚を消費して持てる素材数を5つ増やす事が出来ます。

20枚で5つしか増えないのでまたすぐに持ち物がいっぱいになるので要らない持ち物は売ってしまった方が良いです。

クラフト作業台を増やす

家具をクラフトする時、時間がかかって次の家具をクラフトする時間が長引いてしまいます。

そこでクラフト作業台をリーフチケット80枚を消費して1つクラフト作業台を増やす事が出来ます。

 

時間短縮にもリーフチケットを消費して時間をスキップする事が出来るが、使い切りなのでクラフト作業台を増やした方が今後ずっと使えるので時間短縮には使わない方がいいです。

リーフチケットのおススメの使い道は、クラフト作業台の増加です。

80枚で1つ増えるのと2つ目もリーフチケットを消費数が増える事がないので使い道がないならクラフト作業台を3つにして家具を大量生産できる様にしておいた方がいいでしょう。

 

また今後アップデートでサカナや虫の種類が増えてくると思うので、持てる素材数を増やすのもおススメです。

優先順位としてはクラフト作業台>持てる素材数となります。

スポンサーリンク