【モダコンVS攻略】カンの特徴、立ち回りや使い方

全世界1億DLをされているスマホFPSゲームアプリシリーズ、モダンコンバットの新タイトル モダンコンバット Versus(バーサス)。

 

このモダコンバーサスで出てくるエージェント、カンの特徴、立ち回り、使い方等を攻略していきましょう。

参考にしてモダコンVSでMVPを取りましょう。

スポンサーリンク

モダコンバーサスのエージェント カンとは?

ロック同様最初に手に入るエージェント。タイプはディフェンダーで使用する武器はSHARK ATTACKというLMGみたいな武器です。

 

武器自体はロックと似たような攻撃力を持ち、FPS初心者でもカンは使いやすいエージェントと言えます。

パワー、精度、ファイアレートに範囲とバランスが良い反面機動力が遅く、撃ち合いになって逃げようとしても難しいエージェントと言えます。

 

しかしタイプがディフェンダーな為HPが高く、撃ち合いで負けにくいのも魅力ですね。

アビリティ(ディフェンスドーム)

カンのアビリティは球状型のドームを発動させ敵の攻撃を防いでくれるアビリティです。

ドーム型という事もあり、味方のHPが危ない時にドームを作って避難させたりゾーン奪取の際に長期戦で戦う事が出来ます。

 

またドーム内にいれば攻撃を防ぐのではなく、ドームが攻撃を防いでくれるため例えば敵がドーム内にいればドーム外に攻撃を通すことができませんし、横にだけ欲しい場合にも壁としてディフェンスドームを使う事が出来、使い勝手がいいです。

立ち回り、使い方は?

カンの代替アクションはロック同様照準の覗く(エイムする)となっています。

カンのアビリティ、ディフェンスドームを最大限使わないとカンをピックして使用する意味がありません。

 

特にゾーンの後方にディフェンスドームを発生させるのは言語道断です。出来るだけ前線かつアタッカーが避難しやすい場所にディフェンスドームを発動させて味方プレイヤーと同じ敵プレイヤーを攻撃するのがオーソドックスな立ち回りとなります。

 

カンは孤立するとかなり辛いです。LMGのリロードは遅いですしLMG自体のファイアレートが遅くディフェンスドームが溜まるスピードもかなり遅めで、リロードが入った時はデス確定レベル、必ずパーティープレイを心がけましょう

 

特にゾーンルール、バウンティルール開始時敵プレイヤーに接触した際に貯まっていない場合があります。

モダコンVSはデス後エージェントが変えられるロールプレイのFPSです。

ディフェンスドームが溜まる前にデスしてしまうと足が遅い事もあり次に味方プレイヤーと合流するのが遅れてしまいます。

 

アビリティゲージはデス後他のエージェントをピックしても持ち越しする事が出来ます。

なので溜まるまでに長期戦が出来ないと思う場合は”アビリティゲージが貯めやすいエージェント”を最初にピックしてデス後にカンをピックする事で合流後すぐディフェンスドームを展開させられます。


武器のLMG自体はロックと変わらない攻撃力+弾数が60発入ってるのでヘッドをガンガン狙ってHPを削ることも出来ます。

カンの対処法は?

敵にカンがいるとかなり厄介ですが、カンの回りに他の敵エージェントがいないのを確認したら近距離戦に持ちこんだ方が楽に戦えます。

 

ディフェンスドームのないカンはただのHPの高いタンクなだけで、ヘッドも大きい為ヘッドを意識してカンを攻撃すると”ロック”でも簡単にキルを取れます。

 

カンはリロードも遅いしアビリティゲージの貯まりも悪い=孤立が一番の弱点なので、1人でディフェンスドームを展開しているカンはただのカメでしかないので放置か2人で詰めて倒して対処しましょう。

まとめ

前線を維持、味方との連携で光るザ・パーティープレイエージェントなのがカンです。

最初に解除されるエージェントという事もありカンを味方がピックしていたらアタッカーはカンについていってあげましょう。

 

ディフェンスドームで粘り強く前線を維持してゾーンの奪取、バウンティでは味方を守るお兄ちゃんを心がけてチーム内のリーダー的存在で味方をけん引していきましょう。

スポンサーリンク