【ジュラシックワールド アライブ攻略】スポットライト湧きとランダム湧きの違い

映画『ジュラシックワールド』を題材にしたARゲームアプリ、ジュラシックワールドアライブ。

 

今作には恐竜がリスポーンする時に『スポットライトドロップ湧き』と『ランダム湧き』の二種類が用意されています。

どういった違いがあるのか?攻略していきます。

スポンサーリンク

スポットライトドロップ湧きとランダム湧きの違い

スポットライトドロップ湧きとは?

スポットライトドロップ湧きとは、画像の様に緑の物資であるスポットライトドロップに重なる形で恐竜がリスポーンしている状態の事を言います。

 

スポットライトドロップを開けると同時に恐竜のドローン挑戦を行う事が出来る為非常に便利なのと、自宅の近くにスポットライトドロップが円内にあれば好きな恐竜が来た時にドローンを飛ばせる事が出来る為、スムーズに恐竜のDNAを集める事ができます。

 

スポットライトドロップ自体も一回の開きで三つの報酬が受け取る事が出来る為、ジュラシックワールドアライブをプレイしていく上で必要なスポットと言えるでしょう。

ランダム湧きとは?

ランダム湧きは物資やスポットライトドロップに関係なしに、適当な場所に恐竜がリスポーンする湧き方です。

 

スポットライトドロップ湧きと違い、湧いてくる恐竜がランダムだったりリスポーン後に消失する時間も設定されている為、レアな恐竜がリスポーンしているかどうか確認しにくい。

 

反面、起動したらいきなり円内の中に存在したり数メートル離れるとロストする事もあり移動しながら恐竜を探す場合に便利です。

大きな違いは?

大きな違いは以下の通り。

 

スポットライトドロップ湧き

  • 挑戦する回数が決められている(指定される恐竜によってチャレンジできる回数が変化、累計で回数は加算)
  • リスポーンする恐竜のレア度はランダム
  • 数メートル移動してもロストする事が少ない、再び戻ってきても同じ恐竜の場合が高い
  • スポットライトドロップが集まっている場所なら一気にレア恐竜のDNAを集めやすい

ランダム湧き

  • 挑戦する回数に上限がない
  • リスポーンする恐竜がノーマル、レア、エピック
  • 数メートル移動するとロストしやすい、再び戻ってきても同じ場所にリスポーンしているかどうか不明
  • エピックの恐竜がリスポーンするのでティラノサウルス等を狙う場合はランダム湧きのみとなる
  • 起動し続けているだけでもロスト、リスポーンを繰り返すので自宅でもゲームを楽しみやすい

 

スポットライトドロップの大きなデメリットは回数が決められていること。レア固定でリスポーンするが15回しか挑戦できないので慎重に選びたい(総合で15回なので他の恐竜の場合でもカウントされる)

ランダム湧きは挑戦する上限もなければティラノサウルスの様なエピック恐竜がリスポーンする為、本来のゲームが楽しめる。

 

しかし、ランダム湧きだからといってダーツを飛ばしまくっていると、物資にもデイリー上限があり開いてダーツを獲得できなくなってしまうので注意が必要だ。

スポンサーリンク