【ジュラシックワールド アライブ攻略】最大試行回数、チャレンジ回数について

拡張世界で恐竜のDNAを採取し恐竜を蘇らせるARゲームアプリ、ジュラシックワールドアライブ。

 

そのジュラシックワールドアライブの中にある最大試行回数という項目。どういった意味なのか?回避方法は?攻略してみましょう。

スポンサーリンク

最大試行回数、チャレンジ回数

ジュラシックワールドアライブをプレイしていると、稀に恐竜のアイコン右に挑戦回数という項目が出現します。

 

気にせずに画像の様に、最大試行回数に達してしまうと恐竜にドローンを飛ばせなくなる事があります。

 

この最大試行回数の更新は”指定される恐竜の種類”によって更新日が変わります。

更新されると恐竜の種類も変わります。(同じ場合もある)


正直かなり鬱陶しいシステムですし、回避方法がないのか?考えたくなると思います。

最大試行回数上限、挑戦回数の回避方法

最大試行回数が用意されている恐竜は実は『スポットライトドロップ』湧きをしている恐竜のみで、それ以外のランダム湧きをしている恐竜は挑戦回数の上限がなく、いつでもドローンを飛ばしてDNAを採取する事が出来ます。

 

上の画像の様に一見スポットライトドロップ付近で湧いている恐竜なので『スポットライトドロップ湧き』と思われますが、スポットライトドロップ湧き=スポットライトドロップに完全に重なっている恐竜の事を指していて、この場合はランダム湧きの恐竜となります。

 

つまりスポットライトドロップ湧きの恐竜以外にドローンを発射する事を覚えておけば、挑戦回数、最大試行回数の上限=遊べないというイメージがなくなるわけです。

なぜ上限があるのか?

なぜ上限があるのか?は、恐らくジュラシックワールドアライブのデペロッパーの配慮で、都会に住んでいる人と地方に住んでいる人でスポットライトドロップがある場所に違いが生まれます。

 

当然都会の方がスポットライトドロップが多く、スポットライトドロップ湧きの恐竜も出現する事もあり地方に住んでいる人との格差が生まれてしまうからでしょう。

 

ちなみにスポットライトドロップ湧きは完全にランダムでエピックやハイブリッド恐竜が出現する場合もあります。

スポンサーリンク