【ジュラシックワールドアライブ攻略】ダーツの打ち方のコツとポイント

映画【ジュラシックワールド】を題材にしたゲームアプリ、ジュラシックワールドアライブ。

 

ジュラシックワールドアライブの恐竜のDNAを採取する時に重要なドローン操作とダーツの打ち方のコツやポイントを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ダーツのコツとポイント

ドローンを恐竜に発射する事で始まるダーツパート。
白い円の中にダーツを発射してDNAを採取するわけだが、1番ポイントが高いのが中央の白い点となる。

ダーツを当てるたびに恐竜のスピードや円の大きさが変化する事があるため、しっかり中央の点に当てるのは難しい。
ただ闇雲に白い円に発射してもポイントが低いまま終わってしまい、例えばエピック恐竜を完成させるまで時間がかかってしまうことになります。

そこでダーツを発射する時のポイントとして、最初のダーツの発射は電池や恐竜が動かない為どれだけその恐竜の白い円が大きくなるのか?確認する事が出来ます。

 

恐竜によって白い円と白い点の大きさが違うので、とりあえず最大までどれだけ大きくなるのか?確認してからダーツを発射しましょう。

発射を始めると恐竜が動き出すが、白い点の当てるごとに恐竜のスピードが上がってきます。

 

そこで覚えなくてはいけないのが『偏差撃ち』です。しっかりと白い点を当てるコツは『周りの白い円を狙う』事で偏差して中央の白い点を当てる事が出来ます。

恐竜によって違うが、一つの目安として円の線の狙う事で中央の白い点を当てられやすくなると考えておいていいでしょう。

また、カウント0のタイミングでダーツを当ててもポイントが加算されない様になっています。(システム上の問題?)

 

1までは加算されるので、0ギリギリに当ててしまうのはダーツがもったいないので注意。

白い円で偏差の目安を作る、撃つ前のその恐竜の円の最大の大きさはどれぐらいなのか?しっかりポイントを確認して効率良くDNAを採取しましょう。

スポンサーリンク