Hakuna Live(ハクナライブ)は稼げる?稼ぐ方法と評判は大丈夫?

最近ライブ配信が流行っていますよね。

Youtubeのように動画編集がいりませんし、配信して他の人と交流が楽しめるのも魅力の一つです。

 

何よりライブ配信が流行る理由に、稼ぐことができる事でしょう。

収益化目的でライブ配信している人も少なくありません。

 

そこで今回はライブ配信アプリのHakua Live(ハクナライブ)が稼げるのか?稼ぐ方法についてお伝えします。

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ
HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
posted withアプリーチ

結論を言うとHakuna Liveは稼げるライブ配信アプリです。

Hakuna Liveではダイヤとスターというシステムが取り入れられています。

 

言ってしまえばダイヤは、配信している人にアイテムをプレゼントするときに必要な物で、配信者の収益となるアイテムです。

 

ダイヤをプレゼントで使用してもらい、スターになる事で初めて換金アイテムとして利用することができるようになります。

 

配信者がダイヤを持っていてもスターに変換することはできませんが、Hakuna Liveでは他のライブ配信アプリより稼ぎやすい理由があります。

1.友達招待でダイヤをゲット

Hakuna Liveを友達に紹介することで200ダイヤを獲得することができます。

紹介数に制限がなく、紹介すればするほど勝手にダイヤを手に入れることができる仕組みです。

 

ツイッターやSNSでも招待することが出来るため、不特定多数の人からも友達紹介で200ダイヤが獲得できます。

 

ダイヤからスターに変換できませんが、他の配信者を応援することができます。

 

しかし、他のライブ配信アプリでもすでに行っている事。

これだけだと稼げる理由にはなりませんよね。

そこで友達招待を利用した後、次の方法で稼ぎやすくすることができます。

2.相互コミュニケーション配信でプレゼントを狙う

初めてのライブ配信、もしかしたら誹謗中傷を食らうかもしれない…誰もきてくれないかも…不安ですよね。

そのまま続けられず諦めてしまいかねません。

 

しかし、Hakuna Liveでは他の人を誘って他の人とライブ配信をしながらリスナーからプレゼントを狙うことができます。

 

1人だと不安だし話題もないかもって人でも友達招待でダイヤを獲得しながら、友達が配信出来る時間帯に合わせて相互コミュニケーション配信で2人で頑張る、なんてことが可能なのです。

 

友達紹介で獲得したダイヤを、友達がライブ配信しているときにプレゼントしたりと、お互いモチベーションを保つ工夫ができます。

仲のいい友達となら話題も出てきますし、不思議と気乗りするので稼ぎやすいと思います。

3.有名配信者がまだ少ない

全世界累計500万ダウンロードされているHakuna Live。

数で言えば一見有名な配信者がいるのかな?と思いますが、使った感想は日本ではまだまだ有名配信者が少ないです。

 

配信者が少ない=自分の配信を見てくれるチャンスが増える事になります。

 

実際に一度昼頃にライブ配信をしたことがありますが、数時間で10人きました。(話すことがなかったので終了しました。)

配信側の数が少なければ、消去法でも見てくれる方がいるため、有名配信者が少ないうちに始める事でリスナーを獲得する事ができます。

4.換金率が高い

ライブ配信で稼ぐためにも大事な項目が換金率です。

配信で手に入れたダイヤをスターに変えて換金するわけですが、全てのスターを換金できるわけではありません。

 

他のライブ配信アプリでも手数料15~30%は取られてしまいます。

できればほぼ全てのスターを換金したいですよね。

Hakuna Liveでは無期限で換金率100%イベントを開催しており、ダントツ換金率の高さを実現しています。

最低換金率はというと82%ですが、最大100%換金と稼いだスターを全て換金できるので稼ぎやすいと言えるでしょう。

換金をするさいに注意点があります。

  • 出金をするさいはPayoneerのアカウントとe-Walletが必要
  • Payoneerの出金サービスは、18歳以上の方がご利用可能。
  • Payoneerのサービス料金が引かれる
  • 出金申請は7~10日の間に処理される
  • 出金は1週間に1回のみ申請可能
  • 一度に可能なリクエストは3410~100.000スター
  • 換金率イベントは予告なく通常の換金率に戻る可能性がある

注意点が多いですが、稼ぐためにも必ずチェックしておきましょう。

支給にはレートがある

スターは米ドル単位でレートがあります。

このレートは日々変わるため、高い時もあれば安く換金出来る場合があります。

 

例えば2019年10月13日現在のレートが62スター=1米ドルです。

出金に可能な最低スターが3410スターなので、最低レートで換算すると

3410÷62=55米ドルとなります。

 

日本円は10月13日で108.38円なので55×108.38=5960円出金されることになります。

 

ややこしいと思いますが、米ドル換算なので、必要なスターが変わらず円高のときに出金すれば通常より高い金額で稼げることになります。

Hakuna Liveで稼ぐには、リスナー数を増やすことが第一となります。

 

あなたを知ってフォローをしてくれている人が増えれば増えるほど、あなたが配信開始したときに見にきてくれる人数が増えることになります。

相互コミュ配信でリスナーを共有、認知してもらう

リスナーを増やす&認知してもらうためにも、他の配信者と仲良くなりコラボ配信をしてもらうようにしましょう。

 

コラボ配信をすれば、あなたのリスナーとコラボしてくれているリスナーを共有することができ、あなたの事を認知してもらうことができます。

 

認知してきてくれたリスナーと仲良くして、プレゼント獲得チャンスを増やしましょう。

しかし配信の大半がコラボ配信になってしまうのはNG。適度にバランスよく。

顔出しできない場合、自撮り写メを盛るのもあり

Hakuna Liveでは

  • 顔出し配信
  • オーディオ配信
  • コラボ配信

の三種類が用意されています。

 

身バレが嫌だ、特定されるか不安な場合、顔出し配信でもアイコンの画像を表示させるだけに出来るので、自撮り写メを盛ってアイコンにするのもアリでしょう。

 

Hakuna Liveを使った感想としては、自撮り写メより描いた画像が多く、Twitterでアイコンを描いてもらってそれをHakuna Liveに使うのもいいでしょう。

喋り、声でいきたい人ならオーディオ配信でもいいでしょう。

SNSで発信して集客する

Hakuna Liveで稼ぐためにもツイッターやインスタグラムといったSNSでライブ配信の告知等を発信して集客しましょう。

Hakuna Liveのみで集客するには限界があります。

 

ライブ中には人気、新入りホストといったように人気な人と新しく始めた人が一番最初に表示されるようになっています。

続けていくことにラインナップから外される可能性もあるため、SNSで発信することで防ぐことができます。

 

SNSで発信すれば、リスナーも配信してくれる時間も把握しやすく常連を獲得するチャンスも増えます。

ライブ配信は続けていくこと

定期的なライブ配信をしても、定期的な場合はスケジュールを忘れられる、集客に繋がらない場合があります。

ライブ配信で稼ぐためにも配信する日と時間帯はちゃんと決めておきましょう。

人は決められた時間の方が覚えやすいです。

 

Youtubeで人気のYoutuberが毎日18時か19時投稿が多いのもうなずけますよね。

 

ライブ配信を続けるためにも、配信する日と時間帯をしっかり決めましょう。理想は毎日ですが。

Hakuna Liveの評判はオーディオ配信ができる事もあり、ツイッターやSNSで見てもライブ配信に慣れていない、身バレリスクが怖い人にとって評判がいいようです。

 

オーディオ配信によるハードルが低いことから、ライブ配信初心者でも始めやすいライブ配信だと思います。

まずはお試しで始めてみてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ
HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
posted withアプリーチ