BIGO LIVE(ビゴライブ)は稼げる?稼ぐ方法と評判

一般人でも有名になるチャンスのあるライブ配信。

ライブ配信で稼ぐ人も、昔に比べて数多く存在してきました。

 

昔ならPCからライブ配信が通例でしたがあ、最近ならスマホ一台でライブ配信を行い、プレゼントをもらい稼ぐことができるようになりました。

 

そこで今回はライブ配信アプリのBIGO LIVE(ビゴライブ)が稼げるのか?稼ぐ方法と評判をお伝えします。

BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ
BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ
開発元:BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.
無料
posted withアプリーチ

結論から言うと、BIGO LIVEは稼げます。

BIGO LIVEではビーンズというシステムが取り入れられています。

このビーンズが換金するために必要な物で、ライブ配信中にプレゼントをもらう事でビーンズが獲得することができます。

 

このビーンズ機能は他の配信アプリに比べて稼ぎやすいと言えます。

その理由の一つに、ビゴライブの圧倒的なユーザー数です。

 

他のアプリなら500万人とかですが、BIGO LIVEは全世界で配信されていることもあり、ユーザー数が2億人もいるのです。

 

「それなら配信している人が多いのではないの?」と感じますが、使った印象だと視聴専門で利用している人が多いと感じました。

 

また、外国人が日本人のライブ配信を見たい人も多く、言語が伝わらなくても需要が存在し稼げるチャンスがあると言えます

最大9人同時コラボライブで敷居が低い

BIGO LIVEは新しいライブ配信の先駆けとして様々なライブ配信を実現しています。

その中でも、マルチコラボライブ機能がすごくて、自分を含め4人部屋、6人部屋、最大9人のユーザーで一つのライブ配信を行うことができます。

 

もちろんコラボライブ中でも、プレゼントを貰えばコラボしている人ももらうことができるため、コラボ相手が損することはありません。

 

9人同時コラボライブでライブ自体のハードルも低く感じられ、ライブ初心者でも気軽にライブ配信が行えます。

友達を誘ってライブ配信で雑談、ってのもいいですね。

有名配信者が少ない

ユーザー数が2億人もいるが、有名な配信者がまだいないのもBIGO LIVEで稼ぎやすい理由の一つです。

 

BIGO LIVEは日本ではまだまだ発展系のライブ配信、9人コラボ配信があるのもあり、有名配信者というより浅く広い配信者が認知度を上げられると考えられます。

 

9人なら有名配信者とのコラボも行いやすく、ユーザーに認知してもらいやすい配信アプリと言えます。

ゲーム、ラジオ配信も可能

顔バレや直接顔出しで配信したくない人でも、BIGO LIVEでは顔出しのないゲーム配信と音声のみ配信できるラジオ配信の二種類が用意されているので、不安な人にも快適にライブ配信できます。

 

ゲーム配信というと、他のライブ配信アプリだとスマホから収録だったりPCにケーブルを取り付けて配信ですよね。

 

この場合、スマホ収録だと流れきったコメントを確認することができませんし、PCのケーブル式だと必要な機器が多くなります。

しかしBIGO LIVEはPCでBIGO LIVE Connectorをインストールし、立ち上げてQRコードを表示、それをゲーム配信時にQRコードを読み込むことで配信が可能となります。

 

ケーブルを使わずにPC画面とマイク音声を行うのは、画期的ですよね。

ゲーム、ラジオだけで稼ぎたい人でも気軽に稼げます

少ないフォロワーでも稼げる

通常のライブ配信だと1000人以上が稼げるボーダーラインと言われていますよね。

1000人も集めるとなると、長い年月が必要となります。

 

しかし、ユーザー数2億人抱えるBIGO LIVEは大体100人のフォロワー数から稼げるライブ配信なのです。

配信者を見ると、フォロワー数174人で43728ビーンズ(208ドル)

フォロワー数166人で441027ビーンズ(2100ドル)

フォロワー数116人で91798ビーンズ(437ドル)

と100人を超えたあたりから数万ビーンズ稼いでいる人が非常に多いのです。

 

理由に外国人は日本人に比べて、課金にあまり抵抗がありません。

 

それはライブ配信を楽しませてもらった事から、チップとしてプレゼントを送ってくれるからです。

海外の視聴者を多く抱えているBIGO LIVEだからこそ、実現されている稼ぎやすさだと思います。

ちなみに一番高いプレゼントで、Hot Legendで15000ビーンズです。

15000というと15000÷210=71米ドルで約7000円ですね。

初心者でも視聴者が多い

BIGO LIVEが稼げると感じた1番の理由がこれ。

初心者でもユーザー数が非常に多いので、初めてのライブ配信でも見にきてくれる人が多いです。

 

実際にテスト配信して見ると、たったの数分だけで50人超えてしまうほどユーザーが溢れているのです。

また、コメントもくれるのでライブ配信が捗ると思いますよ。

BIGO LIVEで稼ぐ時の注意点は、禁止事項を理解することです。

公式でもアナウンスされている通り、禁止事項が多いので知らずにライブ配信するとアカウントバンリスクがあるので注意が必要です。

現在アナウンスされる禁止事項は

  • 配信中の喫煙
  • 配信中の飲酒
  • 運転中の配信
  • 配信中の露出行為
  • アダルトな内容の配信
  • 配信中の暴力行為
  • 配信中の誹謗中傷
  • カラオケ配信
  • 配信中のギャンブル

とされています。

 

しかし、ラジオ配信にカラオケタグがある事から日本と外国で禁止事項が違うのかもしれません。

 

実際他の配信者のライブを見ていると運転中に配信してたり、歌配信をしている事から禁止事項もグレーなのでしょうか。(アカウントバンリスクもあるので、禁止事項配信は止めておきましょう)

ビーンズから換金はドル換算

貯めたビーンズを現金引き出しする場合、本社がシンガポールという事もあり米ドル換算で引き出しとなります。

レートは変更されることがあり、2019年10月17日現在は210ビーンズ=1米ドルとなります。

 

また一回の引き出しは6700ビーンズからということもあり、最低引き出し金額は6700÷210=31米ドルとなります。

 

また一回の引き出しが1000ドル以上の場合審査があり、25~30日かかるので、1000ドル超えない程度で引き出す事で毎月小遣い稼ぎにもなるでしょう。

BIGO LIVEで稼ぐためにも、BIGO LIVE内にあるSNSを積極的に使う事です。

実はBIGO LIVEにはライブ配信の他に、ツイッターやインスタグラムといった発言を投稿することもできるBarという機能があります。

 

これを使って情報を発信することができます。

フィルターがかかっていない事もあり、利用している人全員に見てもらうことができます。

英語でなら英語圏の人に情報を発信できるので、集客することができます。

 

他のSNSも同時発信するといいでしょう。

雑談でもいいので毎日配信を続ける

ライブ配信でも稼ぐためにも毎日配信を続けることは欠かせません。

 

参入ハードル、数分でも100人以上が試聴してくれるBIGO LIVEだからこそ、毎日配信をする事で、常連リスナーを獲得することができるでしょう。

 

毎日配信するときは、

  • 配信する時間帯
  • 何時まで配信するか

決めておく事で、常連リスナーはスケジュールを立てやすいですし、配信する側もスケジュールを調整できるのでオススメです。

 

固定リスナーを集めるために、視聴してきた方を〇〇さんいらっしゃい!と点呼する事でちゃんと見ていることをアピールできます。

専用配信で差別化するのもアリ

ゲーム実況者ならゲーム配信、声に自信がある、顔出しが嫌だという人ならラジオ配信とカテゴリー分けできますが、別にジャンルはなんでもいいわけです。

 

例えば料理配信で料理のみをライブ配信したり、レゴやパズルを作り上げる配信、プラモデルを組み立てる配信等々、顔出しではなくその工程を配信するのも全然いいわけです。

 

雑談からバラエティーの含んだ配信等、自分にしかやらない企画で差別化すると需要が現れますよ。

ユーザー数2億人を突破した事もあり、稼ぐという面では評判がいいようです。

中にはいきなりプレゼントで数千ビーンズをくれるユーザーがいて、BIGO LIVE内のマーケティングで言えば日本以外で稼げるチャンスが隠されています。

 

Bar機能でほぼほぼSNSとして活用できるため、他のSNSに比べて外国の方との交流も楽しめます。

実際に僕が5分も満たない時間で配信しただけで視聴者数が50人超える事もあり、爆発力のあるライブ配信アプリと言えます。

 

最大9人のコラボ配信で友達を誘って複数配信で稼ぐ、なんて事も可能です。

ライブ配信するにはハードルの低いライブ配信でしょう。

BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ
BIGO LIVE(ビゴライブ)- SNS系配信アプリ
開発元:BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.
無料
posted withアプリーチ