FFBE幻影戦争はつまらない?面白いのかプレイ評価レビュー

2019年に配信開始したゲームアプリFFBE幻影戦争(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス  幻影戦争)。

 

FFBEといえば2015年に配信されている王道RPGですが、それを更にFFBE色が強い作品と言えます。

そんなFFBE幻影戦争は面白いのか?つまらないのか?プレイ評価レビュー。

 

FFBE幻影戦争ってどんなゲーム?

FFBE幻影戦争はアードラ大陸と呼ばれるラピスの世界にある大陸を舞台に、覇権を争う幻影戦争が繰り広げられる物語です。

 

プレイヤーはリオニスの王子となり、様々なキャラクターを率いて物語に参加することとなります。

 

 

FFBE幻影戦争は、3Dのフィールドで繰り広げられるシミュレーションRPGです。

マス目が用意されていて、プレイヤーはキャラクターを操作してバトルを展開することとなります。

 

アビリティによる迫力のあるバトルが繰り広げられたりと、シミュレーションバトルながらどこかFFさを感じさせられる演出も。

 

各キャラクターによって固有アビリティがあったりと、新しいキャラクターがどのようなアビリティが発動できるのか?試すのも魅力的。

 

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

FFBE幻影戦争の面白い所

シミュレーションバトルがやはり面白い所。

序盤はアビリティが少なく、ほぼ殴り合いになってしまいますがゲームを進め、キャラクターを育成することでやれることがドンドン増えていきます。

 

アビリティをキャラにでなくマスに対して発動したり、それに伴い戦略性も必要となり、奥深いシミュレーションバトルが楽しめます。

 

大迫力な演出ももちろん用意されており、奥深くなったシミュレーションバトルの中にも華を感じることができます。

 

とはいえシミュレーションバトル。時間もかかります。

手間を考えてオートバトルも収録されている為、忙しい人でも勝手にバトルを行ってもらい周回クエストを攻略することができます。

 

FFBE幻影戦争のストーリー

FFBE幻影戦争の世界のままストーリーが展開されるのも面白い所。

どこか汗臭く、泥臭さもありながらフルボイスで展開されるストーリーな為、わかりやすくストーリーを楽しめます。

 

FFBEの場合はボイスもなく、ストーリーもなんだか微妙なところもありましたが、幻影戦争はキャラクターもミニキャラではないですしフルボイスなのでストーリーに没入感が生まれます。

自由なボード育成機能

シミュレーションRPGなのでキャラクターの育成はもちろんあります。

ジョブ強化から覚醒、武器等の装備などなど。

 

 

育成で一番注目したいのがこのボードシステムです。

マスを解除してキャラクターに追加効果を付与していく事から、自分の好きなように育成することができます。

 

解除したマスの効果を強化できることはもちろんの事、新しいマスを解除して色々なアビリティの解除やステータス上昇を進めるのもよし。

自分だけのキャラクターを作り上げることができます。

 

ボードはキャラクターのみならず装備する召喚獣にも用意されていて、自分だけの召喚獣を育成可能。

 

自由度の高いボードシステムが育成を盛り上げてくれます。

 

様々なゲームモード

探検で報酬を得たり、マルチプレイやレイドといった他のプレイヤーと協力してバトルするモードもあります。

 

もちろんPvPモードもあったりとシミュレーションバトルをこれでもか、というほど楽しめます。

 

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

FFBE幻影戦争の惜しい所

シミュレーションバトルのテンポが悪いのが惜しい所。

いくらオートバトルにしていても、AIが精度が悪くマスの関係上攻撃できずに一方的に攻撃されている場面があったり、それを臨機応変に解決しない為、結局時間がかかってしまうこともあります。

 

バトルのテンポの悪さとAI精度が周回クエストを回す時にストレスに感じるかも。

 

ランクシステム

FFBE幻影戦争ではランクシステムが用意されているのが非常に残念なポイント。

ランクシステムは課金した金額に応じてランクが上がり、特典が解除される仕組みです。

この中にバトルの倍速を上げる項目があったりと課金しないとオートバトルをテンポ良くさせることができません。

 

そしてランクが上がる条件がわからず、どれぐらい課金すれば良いのかわからない状態です。

 

言ってみれば重課金する人が優遇されるシステムなので、無課金より微課金の人の方がつまらないと感じるかもしれません。

 

キャラガチャの割合は低め

レアガチャの割合が低めなのも惜しい所。

URは2%と書かれているが、各キャラクターでみると0.07%と非常に低い設定になっています。

 

ガチャ自体UR確定ガチャ等もありますが、狙って引く場合難しいでしょう。

 

データダウンロードが多い

一括ダウンロードに対応しているものの、容量は多くWifi必須なゲームとなっています。

 

歴代FFキャラクターが登場しない

FFBEと違って幻影戦争は幻影戦争の世界で繰り広げられているゲームだからか、FFシリーズのキャラクターが登場することはありません。

 

仮に出る時はコラボとなり、期間限定排出となってしまう為、FFシリーズのキャラで楽しみたい人は幻影戦争でなくFFBEをプレイしないといけないでしょう。

 

まとめ

面白い所

奥深いシミュレーションバトル

FFBE幻影戦争のストーリー

自由度の高いボード育成

マルチやレイド等のゲームモード

 

惜しい所

バトルのテンポが悪い

ランクシステム

データダウンロード量が多い

歴代キャラが出ないorコラボ登場

 

開発がGUMIとの共同開発という事もあり、FFBE幻影戦争は良くも悪くもGUMI製ソシャゲシミュレーションゲームと言えます。

興味があれば、ぜひ一度プレイしてみてはどうでしょうか。

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ